Zoomで自分の映像が映らない

パソコンの場合

ZoomのカメラがOFFになっていないかご確認ください。

・Zoom画面の左下にあるカメラマーク(端から2番目)に赤い斜線が入っており、「ビデオの開始」と書かれている場合、カメラがオフになっています。
・カメラマークをクリックして、カメラをONにしてください。

スマートフォンの場合

初めてZoomアプリを起動したときに、カメラへのアクセス許可を確認されますので「許可する」を選択してください。

「許可しない」を選択してしまった場合は、スマートフォンの設定からZoomアプリのカメラへのアクセスを許可してください。

iPhoneの場合

まずは端末の設定を開いて画面をスクロールしていき、アプリ一覧から「Zoom」をタップしてください。

移動先の画面で「カメラ」がオフになっており、Zoomへのアクセスが許可されていない場合は、オンに切り替えて許可してください。

Androidの場合

まずは端末の設定を開き「アプリと通知」→「権限」→「カメラ」の順に進んでください。

続いてインストール済みのアプリ一覧の中からZoomを探して、Zoomのカメラの権限がオフになっていたらオンに切り替えてください。